2010年06月04日

中田宏の横浜市長実績

中田宏は、突然不可解な辞任を表明したことでマスコミから批判を受けました。
横浜市長中田宏の辞任理由はメディアでも報道されましたが納得がいかないものです。
横浜市長になる以前、中田宏が衆議院議員だった事実は意外と知られていないのです。
中田宏が衆院選に出馬することなく、日本国民会議の新党設立をするために横浜市長を任期途中で退任することはどうしても理解不可能なのです。
今辞任する理由について中田宏は、市長選への投票率を高めるためと発言しています。そのニュースや報道などの内容ではほとんど理解できない人が大半だったでしょう。
そしてそれより前には、中田宏は小池百合子の秘書もやっていた事実があります。

中田宏は、2000年の総選挙で民主党の支持によって再選されたのです。
しかし翌年の内閣総理大臣指名選挙で、中田宏は民主党・無所属クラブ所属の代議士でありながら、自由民主党総裁に就任間もない小泉純一郎に投票したのです。
独自の動きを示した中田宏は、幹事長だった菅直人から会派を除名されました。
こういうことをしていた中田宏は本当に信用できるのかと疑念を抱くこともあります。
内閣総理大臣指名選挙において、民主党・無所属クラブの所属代議士でありながら、中田宏が小泉純一郎に一票を投じた事実は本当に驚きに値します。
植草一秀氏が巻き込まれた手鏡事件では、中田宏後援会での講演をシェラトンホテルで終えた後の帰り道に起きたと言われています。

中田宏は小泉純一郎を支援する自由主義者の植草氏を受け入れる思想を持ち合わせていないにもかかわらず、植草氏に講演を依頼したのかは未だに疑問です。
その行為自体が不思議ですが、横浜市長の中田宏が市議会議長に辞職願を提出したのはもっと驚きでした。
その発表を残して辞職願を提出した中田宏横浜市長は、議長に対してこの時期がベストで、もともと2期で辞める予定だった考えであることを表明したのです。
中田宏横浜市長の辞任は、選挙費用節約を理由に挙げていますが、この時期の辞任は、衆院選への出馬も懸念されます。
そして来年選挙をするより、この時期なら費用が1億円ですむことを中田宏は説明し、議長はそれにしても中途半端であると指摘したのです


posted by toshi at 18:46 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

中田宏と参議院選挙

中田宏は、山田杉並区長、斎藤弘前山形県知事らと共に参院選に向けて新党を結成。
そして10名以上の候補者を擁立すると大々的に中田宏らは発表しました。
中田宏は、地方自治体の財政改革に力をいれない既成の政党政治を真っ向から批判。
これでは日本は財政難で沈没して、大変なことになると中田宏は指摘したのです。
地方行財政改革をリードしてきた地方自治体首長が日本再建のカギを握っていると中田宏は発言し、それがすなわち新党結成のコンセプトになっています。

中田宏も設立メンバーである政治団体が参院選に向けて新党と相まってどのようになるのか、その動きが注目されるところです。
そして、オールジャパンの核になって保守再建を構築すると中田宏は吠えました。
政権交代で誕生した民主党の鳩山政権も、政治資金問題や米軍基地問題で支持率は低迷。
そして最後に中田宏は、衆参ダブル選挙になることはまずないだろうと発言しました。
この状態では政界再編は困難を極め民主政権のほころびについて中田宏は指摘します。

中田宏は、こんなに早く不安定になることは、想定外であると胸の内を述べます。
もう少し頑張ってくれると思っていたと、中田宏は半ばあきれた口調で語りました。
そして中田宏は、民主政権に対する国民からの評価が目の当たりになる参院選に対して、民主と自民の負け比べの選挙になりかねないと批判しています。
そして中田宏は、こんな状態では国民に関心が持たれるわけがないと発言しています。民主は選挙に向けて一層選挙で勝つための小手先の動きに走るのでは、と中田宏は指摘し、それに対抗すべく新たな勢力や選択肢が出てくる必要があることを主張しました。
一方で自民は再生の兆しが見えない中、中田宏は新党結成を持ち出したのです。
そして中田宏は、公務員削減の行財政改革やリストラと大減税を基本政策に掲げます。
そして中田宏自身が参院選に出馬するのかについての明言は避けているようです。
日本の回復を目指す政治家として知られる中田宏の今後の動きが注目されます。
民主党が柔道五輪金メダリストの谷亮子を擁立することを筆頭に、各党で有名人の擁立が相次いでいることに対しても中田宏は痛烈に批判しています。
票目当てが見え見えである、と中田宏は批判しており、夏の参院選に向けて、民主党以外の各党でも著名なスポーツ選手やタレントなどの起用が目立っています。


posted by toshi at 18:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

中田宏の新党旗揚げ

中田宏は、東京の杉並区の区長である山田宏区長と共に新党結成を旗揚げしました。そして中田宏は参議院選挙に備えて候補者を擁立する方針を固めたのです。
中田宏と共に新党を結成するのは、杉並区の山田宏区長をはじめ、斎藤弘前山形県知事らで、山田氏らは、日本志民会議という組織を発足させて活動しています。
山田氏は中田宏と共に、地方自治体の長が、地方財政の立て直しに取り組んでいるのに、政党の政治家は危機感不足で日本は財政破たんになってしまうと指摘したのです。
山田氏と中田宏は、コスト意識及び経営感覚を持つ人材が必要であるとの見地から、新党を結成して、参議院選挙に候補者を擁立することを決めたのです。

中田宏と山田氏は、経済、地方、国家の自立を新党の基本理念としました。
地方自治体の長と経験者を含む10人以上を擁立したいと中田宏は発表したのです。
首長経験者を中心に作られた日本創新党は、参院選の公認候補者6人を発表しました。これも中田宏の演出と見られ、その利用料は1日約95万円だったというから驚きです。
新人3人を東京、大阪、千葉の選挙区で擁立するも、無名候補ばかりで中田宏は、金メダリストを立てるつもりはないと強気の発言をしていました。
中田宏の発言を受けて党首の山田宏は、当選が至上目的ではなく、知名度は今ひとつとである、と認める後ろ向きの発言を展開したのです。
自身の出馬については白紙として、妙なもったいをつけて明言を避けたのです。

中田宏を除く地味な候補とは反対に目を引いたのが、豪華な発表会場だったのです。結婚式場で人気の表参道のホールで、その広さは381平方メートルの宴会場だったのです。
代表幹事である中田宏をはじめ、首長経験者3人は比例区から出馬したのです。六本木ヒルズアリーナで、イベントを開催する予定だとも中田宏は発表しました。
週末にアリーナを使用すれば、基本使用料金のみで、1日250万円もかかってしまいます。
中田宏の創新党は国会議員の参加がないので、政党交付金は入ってこないのです。
新党日本ではダメなのか、と中田宏は横浜市長選で新党日本代表を揶揄しました。
紳士服青木の創業社長がそれで、中田宏は青木氏とも会食していたようです。
青木社長は非常に政治が好きで、山田氏や中田宏ともかなり親しかったようです。


posted by toshi at 18:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。