2010年06月05日

中田宏のブログ

中田宏が普段感じていることや日本をどうすべきかなどの色々な切り口で発表する、ボリューム満点の公式ブログが人気になっているようです。
中田宏横浜市長について辞任理由を追及する面白い動画がネットで発見されています。かつて民主党の小沢幹事長を攻撃していた河上和雄が中田宏に対して横浜開国博の赤字責任を追及する動画が発見されたのです。
河上氏がしつこく辞任理由を追求しても、中田宏はのらりくらリとかわすだけです。
中田宏はテレビに出演しておきながら、ブログを読めばわかると完全逃避したのです。しかしテレビに出てるにもかかわらず、はっきりと辞任理由を述べないのは不思議です。
しかも中田宏のブログを読んでみても、はっきりした辞任理由はつかめないのです。
ブログでは中田宏が、冒頭、私が横浜市長をなぜ辞任したかについて、お伝えしたいとありながら、ほとんど関係のないサラ・ペイリンの辞任について語っているのです。
また、中田宏がもともと2期で辞めると決めていたとも抽象的に語っています。
要するにブログでは中田宏が辞任理由の核心に触れることは全くないのです。
国民が納得できないこうした言い訳は中田宏の立場をさらに悪化させるだけなのです。

中田宏の横浜市長辞任の実際の本当の理由は、結婚詐欺である人に訴えられていることが一番の原因であると取り沙汰されています。
中田宏の財政削減のウソを暴こうとする太田正孝横浜市議の動画は、迫力満点です。一国の首相なので、何か秘策があるのだろうと中田宏は推測していました。

中田宏は解決期限の迫った米軍の普天間基地移設問題について、最近述べています。
結果的に鳩山首相の落としどころがなかったことについて、中田宏は大きなため息をついており、米軍の普天間基地の移設問題は如何ともしがたい状況になっています。
民主党は名護市に移す現行案ではなく県外移設を掲げてきたが、依然、迷走しています。
中田宏をはじめとする日本創新党は、普天間は現行案でいくべきと譲りません。
米国との合意連立との合意によって落としどころについて中田宏は注視してきました。
日本創新党の代表幹事に就任した前横浜市長の中田宏の動向が見守られるとこです。
しかし、与党内の合意はまとまらず代替案を出せない鳩山首相に対して、もしかしたらないのでは、と中田宏は率直に疑問をもったと発言しています


posted by toshi at 18:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。