2010年06月01日

中田宏とは


さらに8月には、小沢鋭仁政策委員長の下で中田宏は政策副委員長に就任したのです。
そして中田宏は、2009年の2期目の任期途中で市長を自ら辞職し、その理由として衆議院総選挙と並行して横浜市長選を行うと選挙コスト削減になることを提唱した。
その後、松下政経塾に第10期生として入塾した中田宏は、ゴミの問題に取り組んで、地方自治体や商工会議所からゴミについての講演を依頼されるほどになったのです。
その翌年の第40回衆議院議員総選挙に中田宏は神奈川1区より立候補したのです。
そして中田宏は初当選をトップで飾ってその後3期連続の当選を果たします。中田宏は、神奈川県横浜市出身で、高校時代は空手道に打ち込んでいました。パシフィコ横浜での新進党結党大会に参加した中田宏は、決算委員会の理事を務めた後、新進党が分党した後は無所属の会に参加したのです。

中田宏は、第42回衆議院議員総選挙において、民主党から支持を受けました。
2001年の森喜朗が退陣した内閣総理大臣指名の選挙においては、中田宏は民主党で無所属クラブの代議士でありながら、自民党の小泉純一郎に投票しました。
それは中田宏と同じ郵政民営化論者であったことで、独自の動きを示したのです。
党の幹事長だった菅直人は、この一件で中田宏を除名し、院内では無所属となった。

中田宏は横浜市長として2002年に横浜市長選挙に立候補したのです。
それまで組織的支援をバックに受けていた高秀市長を破り、初当選を飾ったのです。
同選挙では、竹田恒泰も出馬する意向であったが、結果的に中田宏を支援したのです。2006年の選挙では、中田宏は海洋学者の松川康夫を破り、再選されたのです。
卒業後中田宏は、二浪をして青山学院大学経済学部に入学しました。
しかし、中田宏の突然の辞任に対して市民への十分な説明や謝罪は全くなかった。
そのため、中田宏が推進していた開国博が失敗に終わったことから、投げ出したのではないか、などの批判を大きく受けることになった。
中田宏の盟友として知られる神奈川県知事も苦言を呈する結果になってしまいました。地方自治法の規定に基づいて、中田宏は辞職を届けた後に横浜市長を退任した。
2010年になって新党結成の動きが見られるようになり、中田宏は山田らとともに日本創新党を結成したのです


posted by toshi at 18:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。